Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

ウォルコット&カソルラと契約延長!

ウォルコットカソルラと契約延長

アーセナルウォルコットカソルラと新たな契約を結んだと発表しました。契約期間及び給与は非公表です。ウォルコットは2006年にアーセナルへ加入し、昨シーズンはアーセナル通算300試合出場も達成するなど、現メンバーの中では最古参の選手となっています。カソルラは2012年にマラガから加入し、現在まで148試合27ゴールを記録しています。また、スペイン代表としても70試合以上に出場しており、2008年と2012年にEURO制覇を経験しています。

ベンゲル監督

「我々はサンティ(・カソルラ)とテオ(・ウォルコット)の契約を延長できたことに満足している。二人ともトップ・クォリティを備えた選手であり、チームに極めて重要な影響を与えている。」

「彼らはとても経験豊富でピッチ上でも多大な貢献をしてくれている。また、ピッチ外でも非常に人気のある選手だ。彼らはチームにさらなるクォリティと安定感をもたらしてくれるだろう。我々は彼らと契約延長できたことを嬉しく思っている。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲル:チェフは英国でフットボールをするために生まれてきた様な選手だ

ベンゲルがチェフの知性とカリスマ性を称賛しています…

ベンゲル監督

「我々はチェフがチェルシーへ行く前から彼に興味を持っていた。彼をチェルシーへ連れてきた人物は私の親友なのだ。エージェントの一人だったのだが、彼はレンヌにずば抜けた才能を持つGKがいると言ってきた。」

「チェフがレンヌへ行った時はまだとても若かった。アシスタントの一人であるボロ・プリモラツの息子がレンヌでプレーしていたのだが、彼もレンヌには最高のGKがいると言っていた。つまり我々もチェフの存在は把握していたのだ。しかし、チェルシーの方がほんの少しだけ速く行動を起こした。」

「チェフはクォリティと俊敏性の絶妙なコンビネーションを持っている。まるでイングランドフットボールをするために生まれてきた様なものだよ。彼はとても華のあるGKだと思う。もちろんゴール前の彼には圧倒的な存在感もある。彼がいるとゴールが小さく見えるからね。それは彼が持つカリスマ性の様なものだ。」

「チェフの移籍はファン・デル・サールのそれと似ている。彼はフルハムからマン・Uへ移籍したが、そこでも5〜6年はプレーできたからね。したがって、チェフがあと数年プレーできない理由は見当たらない。彼はとても真面目で、しっかりとトレーニングを行っている。何の問題もないよ。」

(ソース:Arsenal.com

 

若手が続々とローン移籍

 今夏も若手選手のローン移籍が続々と決定していますのでまとめてご紹介。

■ジョン・トラル

バーミンガム・シティへシーズン・ローンで加入。昨シーズンはブレントフォードへシーズン・ローンに出ており、主力として34試合に出場し6ゴールを決めています。

(ソース:Arsenal.com

■ダン・クロウリー

バーンズリーへ来年の1月までの契約でローン移籍。昨シーズンはU-21の主力メンバーとしてプレー。プレ・シーズンのシンガポール遠征にも帯同していました。

(ソース:Arsenal.com

■アイザック・ヘイデン

ハル・Cへシーズン・ローンで移籍。U-20イングランド代表。過去2シーズンはキャピタル・ワン・カップにそれぞれ1試合ずつ出場しています。今夏のエミレーツ・カップにも出場。

(ソース:Arsenal.com

 

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

矢島舞美 写真集 『 Nobody knows 23 』