Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

オーバメヤンが移籍の噂を否定【アーセナル移籍ゴシップ】

チームニュース

ベンゲル監督

「エルネニーに関しては少々複雑な状況になっているが、我々も懸命に取り組んでいるところだ。うまく行けば2〜3日中に決着すると思う。」

「ドゥビュシーは移籍することが可能だが、まだどのクラブとの接触していない。」

「(トロイ・ディーニー獲得の噂とオックスのチェルシー移籍の噂は)事実ではない」

「補強はエルネニーだけか? 私は他の補強を除外した覚えはないよ。ただ、いま我々の層が薄いエリアにおける、少なくとも1名の補強というだけだ。」

 

グァルディオラの ” 3年間固定 ” のやり方はアーセナルに合うと思うか

「あらゆる事が適応すると思う。どんな監督にもキャリアモデルの実行の仕方というのがある。監督達がクラブにベストな貢献をする方法は一つではないのだ。私が何よりも重要だと思うのは、クラブで働く人たち全てが完璧なコミットメントを与えることだ。あとどれくらい続けるか?それは誰にも分からない。私自身ですら20年も過ごす事になるとは思っていなかったからね。」

 

グァルディオラアーセナルの監督に最適だと思うか

「私の長期政権とその成功を褒めてくれるのは非常に嬉しい。ただ、それ(後任)を決めるのは私の仕事ではないし、その件についてコメントすべきではないと思っている。私に出来ることは一つだけだ。後任の監督のためにもクラブを優位な立場に置き、力強い財政状況と非常に優れた選手たちを残すことだ。」

 

「グナブリーの状況についてだが、彼はウェスト・ブロムへ1年間のローン中だ。」

「(そのローンを短縮する可能性について)我々はウェスト・ブロムに対する責任がある。選手自身が望んだ移籍でもある。従って、我々はウェスト・ブロムにコミットしている。仮にローンをキャンセルする場合は彼らから連絡が来るはずだが、現時点でその様な話は来ていない。」

 

アレクシス不在の中でも首位に立っているが…

「一流のクォリティを持つ選手が抜けた場合は、異なるプレースタイルでその穴を埋める必要がある。それはフィジカルに対するコミットメントを上げたり、団結力を強化したりと状況により様々だ。プレースタイルを変更できるだけのポテンシャルがると認識している。我々には彼の穴を埋めることは可能だが、長期的に見れば全ての選手を起用できること勝るものはない。」

(ソース:Arsenal.com

 

ユングベリアーセナル復帰

アーセナル・レジェンドの一人であるユングベリが、コーチングライセンス取得のためアーセナルに指導者として戻ってきました。ベンゲルは指導者としての道へ進むチャンスを与えられたことを嬉しく思うと語ります…

ベンゲル監督

「Yes、彼は(コーチング・)ライセンス取得を望んでいるのだ。(コーチを志望する者は)まずユースチームを指導しなければならない。我々としても、彼にライセンス取得のチャンスを与えられたことに満足している。彼はU-15を指導することになっている。」

(ソース:Arsenal.com

 

オーバメヤンアーセナル移籍の噂を否定

 アーセナルへの移籍が噂されるドルトムントガボン代表FWオーバメヤン(26)は、アフリカ最優秀選手賞した後のインタビューで移籍の噂を一蹴しています…

オーバメヤン

「まず最初に言いたいのは、僕はアーセナルへ行くつもりがない。ドルトムントが僕のクラブであり直ぐに移籍する様なことはないよ。」

(ソース:Sky Sports

 

ワトフォードのナイジェリア代表FWに興味あり?

アーセナルワトフォードのナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(26)獲得に興味を示していると噂されています。イガロは今シーズン、ここまで14ゴールを決めるなど大活躍しています。アーセナルオーバメヤンチチャリート獲得に動いていますが、どちらも高額な移籍金などがネックになっています。そこで現実的な目標としてイガロをリストアップしたとか。

他にはマン・Uもイガロ獲得に動いているようです。イガロ本人も最近のインタビューで " マン・Uからオファーが届いたら断れるか分からない " と語っています。

(ソース:Daily Mail

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小池里奈イメージビデオ2016(仮) [DVD]