Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

チェフ:キャリア最大の試練だった

チェフ:キャリア最大の試練だった

2006年に試合中の接触で頭蓋骨陥没骨折の重傷を負ったチェフは、医師から選手生命どころか命の危機さえある大怪我だと説明されましたが、再びプレーできる様になるという確信があった様です…

チェフ

「多くの人達がこれで僕の選手生命は終わった、二度とプレーできないだろうと言っていた。回復には時間が掛かるという人々も多かった。1年を棒に振ってでもゆっくりと着実に回復すべきだとね。」

「僕はプレーする事が何よりも好きだから復帰を望んでいた。そして、復帰まで1年を棒に振る必要はないと証明したかったんだ。もちろん僕にとっても最大のチャレンジだった。二度と復帰できないのではと感じる時もあったし、思う様に進まずよくない感じがした時もあった。そんな時でも " OK、前へ進むだけだ " と考える様にした。」

「でもその後、復帰へ向けて全てがポジティブな方向へ進む様になってきたんだ。本当に嬉しかったね。まさにボーナスみたいなものだったし、復帰後の残りのシーズンをエンジョイしたよ。誰も僕がまたプレーできるとは思ってなかったというのもあって、復帰したという事実が評価されたからプレッシャーも少なかったし、プレーを楽しむことができたよ。」

「復帰はそれ以外にも多くのものをもたらした。他にもやれることがあるというのを知ることができた。なかでも大きな発見だったのが、終わりはいつでもやって来るというのを知れた事だし、これはポジティブな発見だったね。」

「だからプランBやプランCを常に用意しておかなきゃいけないんだ。この事はとても勉強になったよ。」

(ソース:Arsenal.com

 

エブエ:アーセナルに戻りたい

 昨夏にガラタサライをFAになって以降、無所属が続いているエブエですが、いまはガラタサライでトレーニングを行いながら、2011年に移籍するまで6年間を過ごしたアーセナルへの復帰を熱望している様です…

エブエ

「僕はトレーニングのために戻ってきただけだ。プレーする事はないと言われたよ。」

「会長はプランデッリ監督に僕を(スカッドのメンバーに?)ピックアップしない様に言っていた。僕への対応がすごくアンフェアだったと思う。」

「いろいろなオプションを探しているところだ。でも大好きなアーセナルに戻りたいよ。」

(ソース:Daily Express

 

今夏のジャカ獲得へ向けて前進

アーセナルが獲得へ向けて動いていると噂されるボルシアMGのスイス代表MFグラニト・ジャカ(23)に関して、エベールSDが今夏の放出を示唆する発言をしたそうです…

エベールSD

「夏に何が起きるか分からない。」

「クラブは(選手の移籍を?)常に考慮しておく必要がある状況だ。グラニトのパフォーマンス次第であり我々のパフォーマンス次第でもある。」

「あとはビッグ・クラブがどれだけ目の眩むような金額を提示してくるかによるだろうね。」

(ソース:Metro

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

サッカー批評(78) (双葉社スーパームック)

双葉社 (2015-12-28)
売り上げランキング: 16,674

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮内知美/あいしてる! ? [DVD]