Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミアリーグ:アーセナル vs チェルシー戦プレビュー

チェルシー戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

「先週のストーク戦以降、我々に大きな問題は起きていない。グッドニュースとしてはエジルが確実にプレーできることだ。アレクシス(・サンチェス)に関しては判断するまでまだ数日掛かるが、選択肢に入ってくると思う。」

「(アレクシスについて)心配な点としては長期間離脱していたことだ。復帰を急ぎすぎると状態が悪化してしまうリスクがある。すべてのテストをクリアするのも(復帰へ向けた関門の?)一つだが、その後のトレーニングももう一つの関門だ。また、ビッグ・ゲームの激戦の後はトレーニング・セッションを繰り返すことはできない。ある程度の時間を空けてリスクが最小限である事を確認する必要がある。我々としては状態が悪化するのは困るので、彼の起用には慎重になっている。悪化するという事はさらなる長期離脱を意味する。そのため、我々は賭けに打って出るつもりはない。ただ、今週のトレーニングでは良い兆候が見て取れる。」

「コクランは予定を前倒しして今日フル・トレーニングに復帰した。実戦復帰へ向けてはまだ幾つかのステップが残っている。ウェルベックについては来週にもフル・トレーニングに復帰できる。これはグッドニュースだ。ロシツキーは金曜日にU-21の試合でプレーする。彼は週の初めに少し体調を崩していたが、我々は明日の夜の試合でプレーさせる計画だ。我々はこれから極めて重要な時期を迎えるだけに、何人かの選手が戻ってくるのはありがたい。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲルチェルシーはまだ直接のライバルだ

14位に低迷するチェルシーとの戦いを前に、ベンゲルは今でも直接のライバルだと語り警戒を怠りません…

ベンゲル監督

「みなさんは彼らの可能性について純粋に数字だけを見て判断しているが、彼らのチームは非常に大きなポテンシャルを持っている。」

「誰も予想できないだろう。直ぐに自信を取り戻すことができると思うが、彼らにとって不運なのはこのリーグがどのチームにとっても厳しいということだ。つまり、少しでも自信を失ったら同じことがどのチームにも起こり得るということだ。」

「1つ〜2つの予期しない悪い結果から自信を失っていく。我々の仕事ではあっという間に自信を失ってしまうのだ。そのスピードはこれまでよりも早くなっていると思う。なぜなら、周囲のプレッシャーもそうだしメディアの影響もこれまでより大きくなっているので、以前よりも苦しむスピードが早くなっているからだ。」

「今シーズンの彼らは優勝争いにこそ入っていないが、それは彼らのチームのクォリティを見て欲しい。今シーズンの彼らには特別な事情があったと思う。彼らは巻き返してくると思う。彼らは直接のライバルだと私は考えているよ。」

「いつものプレミアリーグの様に激しい試合になるだろう。私が全体的に考えていることは、ピッチ上での選手たちのクォリティや総力戦になることを考えると、誰がベンチ入りするかに関係なく、とても激しい試合になるだろうということだ。」

「私はヒディンクのことを非常に異色の経歴を持つとても強力な監督だと評価している。彼はクラブと代表を交互に指揮しているが、そのどちらでもオランダの哲学を体現し、ヨーロッパ中に広めてきた主要な監督の一人だと思う。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲルチェルシーに勝つことで前へ進める

 8月に行われたコミュニティー・シールド以来、チェルシーに勝てていないアーセナルですが、次の試合で勝って成長していることを証明したいとベンゲルは語ります…

ベンゲル監督 ※訳が微妙です

「我々が成長していることを示す機会だ。つまり、人々が我々の試合内容を見て、どういうプレーをしているかを見る試合なのだ。チェルシーがベストの順位にいなくても関係ない。それは彼らのスカッドを見れば分かることだ。」

「ピッチ上でクォリティを持った選手たちがプレーするビッグ・ゲームだ。また、エミレーツ・スタジアムでの試合ということもあり、我々にとっては非常に重要な試合になる。この手の試合に勝利することが大事なのだ。」

「今シーズンの我々は、強力な団結力によって戦うポテンシャルが備わっていることを証明してきた。それは素晴らしい連携も同様だ。我々は野心的であり以前より豊富な経験を持っているからね。」

「経験豊富な選手がいることの利点の一つに、ここぞという戦い時を熟知していることが挙げられる。必ずしも常に良いプレーをする訳ではないのだ。」

「ビッグ・クラブとの対戦結果が今の記録に結びついていると確信している。レフェリーの判断というアンラッキーな面もあって苦しんだ日もあるがね。」

「全体的に見れば、長期間に渡ってプレミアリーグで安定的に力強い記録を残していると思う。我々はそれを維持していきたい。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清水楓/恋愛レッスン [DVD]