読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミアリーグ:アーセナル vs クリスタル・パレス戦プレビュー

クリスタル・パレス戦直前のチームニュース

ベンゲル監督

メルテザッカーを(スタメンに?)復帰させるかはまだ決めていない。まだ試合まで48時間あるので様子を見る。」

「誰を起用するかはまだ決めていない。スタメンを決めたら先ずは本人に伝えるよ。」

 

チェフが直ぐにスタメン復帰していない事にみんな驚いているが…

「我々の正GKはチェフだがオスピナも優れたGKだ。彼の数字はプレミアリーグの中でも飛び抜けている。チェフは1週間しかトレーニングを行っていないし、復帰したばかりだったというのもある。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲル:まだ紆余曲折があるだろう

タイトルレースはまだ何が起きるか分からないとベンゲルは語ります…

ベンゲル監督

ウェストハムはホームで多くのビッグ・チームを撃破している。私も先週末の結果には不満を持っているよ。2−0の状況から3点取られているのだからね。だが、その一方で絶望的な状況から3-3まで盛り返す力も示した。」

「どのチームにとってもタイトな状況だ。我々は背後にも気をつけなければいけない。多くのチームが追い上げてきているからね。シーズンが終わるまで、まだまだ紆余曲折があるだろう。どのチームも我々を追い抜こうとプレッシャーを掛けてきている。」

「いまの我々にはホームで力強い結果を示すことが必要だ。チャンピオンシップはもう終わった様に思われがちだが、レスターが優位にある状況でも、私はまだ完全に終わったとは考えていない。我々はシーズン終了まで戦い続ける。」

クリスタル・パレスは残留が決まった様な状況ではあるが、まだ1〜2P必要になるかもしれない。ただ、ほぼ残留争いからは抜け出したと思っている。」

「彼らの攻撃陣はボラシエやザハ、アデバヨルといった選手を擁しており、多くのポテンシャルを持っていると思う。彼らの攻撃力は強力だ。我々はウェストハム戦で失点した点を是正し、力強い守備を取り戻す必要があるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲル:CBのペアを決める方法

 シーズン後半に入り、ベンゲルはコシエルニーとコンビを組むCBにガブリエウとメルテザッカーをローテーションで起用する機会が増えています。ベンゲルは相手ストライカーの強味をどれだけ消せるかを基準に選んでいると語ります…

ベンゲル監督

「とても難しい選択ではある。一人はスピードがあって、もう一人は豊富な経験とリーダーシップを持っている。対戦相手によって誰を起用するかはその時々で変わってくる。」

「先週の土曜日(※ウェストハム戦)を例に挙げると、我々は空中戦に強いキャロルではなくスピードのあるサコと対峙することになると予想していた。」

「我々はガブリエウを獲得した訳だし、彼に選手として成長する機会を与えねばならない。トレーニングでは成長の兆しが見えている。だから私は彼にチャンスを与えたのだ。エバートン戦、バルセロナ戦、そしてワトフォード戦ではチームとしてうまく機能していたのだ。それを変える理由など見当たらなかった。」

「理想を言えば(メンバーを?)安定させたい。だが特別なケースというのもある。カウンター・アタックを主体とするチームと対戦する時などがそれにあたる。そういう時はメンバーの入れ替えを検討する必要が出てくるのだ。しかし、普段は同じCBでプレーしたいと思っている。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲル:我々の仕事にはコミュニケーションがとても重要だ

 現在のアーセナルはトップチームで12カ国の選手たちがプレーする多国籍チームです。様々な国の選手が集まっているからこそ、ピッチ上でお互いをより理解するためにコミュニケーションが非常に重要だとベンゲルは語ります…

ベンゲル監督

「我々の仕事の多くはコミュニケーションだ。少し前はもっと分かりやすかったと思う。なぜなら、以前だとトレーニングをするメンバーはみんな同じ文化圏だったからね。」

「人々は様々な国からやって来ているので、ときにはコミュニケーションを取るのが少々難しい場合もある。私としてはイングランドにおけるコミュニケーション能力は、他のどの国よりも高いレベルにあると思っている。」

モナコ時代にここへ来たときにその事に気がついた。1988年にここでツアーを行ったのだが、その際にいくつかのトレーニング・セッションを見たのだが、私のチームに比べてイングランドのチームは大声てコミュニケーションを取っている事に驚いた。モナコはもっと静かだったからね。」

「特に守備ではコミュニケーションが非常に重要だ。相手に寄せるのか外れるのかを周りの仲間に伝える必要があるからね。それがゴールを守ることに繋がる訳だし、効率的に守備を行う上でとても重要な要素になる。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透明度100% 鈴木咲(生写真1枚付き)(数量限定) エアーコントロール [DVD]