読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

パリSGが夏にアレクシスを狙う?【アーセナル移籍ゴシップ】

FAカップ3回戦 プレストン・ノース・エンド戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

「ルーカスが足首を痛めたので問題になるかもしれないが、まずは様子を見る必要がある。ただ、この試合に関する問題はこれだけだ。復帰したばかりのウォルコットはまだ準備が整っていないし、ギブスも準備が出来ていないのでスカッド入りすることはないだろう。」

「コクランは3〜4週間の離脱になる。ハムストリングの怪我だ。ハムストリングの怪我で3〜4週間の離脱というお話をしているところだが、おそらく良い知らせが出来ると見込んでいる。彼は今日スキャンを行う予定だ。(この怪我の場合)私は常に3週間の離脱と見積もっている。」

「今日はエジルが出てきている。医師の診察を受ける予定だが、彼は2週間も寝込んでいたので土曜日の試合でプレーする姿は想像できない。インフルエンザだ。喉の感染症もあった様だが詳しいことは分からない。」

「我々は90%のスカッドで挑むことになるだろう。疲労が溜まっているコシエルニーはもちろん休ませる。そして、当然ながらオスピナがプレーする。アレクシスも休ませることになるだろう。他の選手はプレーする。」

「今のところカソルラはまだ復帰できていない。私が想像していたより遅れているので、1月中の復帰は確実にないと思う。」

「(彼は復帰までに3ヶ月以上掛かるのか?)もう少し長くなる可能性がある。現時点では私もどうなるか本当に分からないのだ。今のところランニングを再開する予定もない。私は選手が外周のランニングを問題なく再開できる様になったら、復帰まで6週間だと見積もっている。現在のところ彼はまだランニングを再開していないので、私が1月中の復帰はないと断言する理由はそこにある。」

「彼は極めて優秀な選手であり、シーズン開幕から大活躍していた。シーズン開幕時から我々の主力だったが、突然彼を失うことになってしまった。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲルの記者会見一問一答

メルテザッカーの復帰は近いのか?

「No、彼はふくらはぎに若干の問題を抱えている。復帰までまだ3〜4週間は掛かるだろう。」

 

メルテザッカーカソルラの契約問題は、彼らのフィットネスとも関係しているのか?

「そんなことはない。彼らは二人とも我々にとってのオプションであり、我々はそのオプションを手にしたいと思っている。」

 

今ならウィルシャーを起用していたと思うか?

「もちろんだ、今なら起用していた。しかし、これまでプレーできていなかったら、プレーする準備が整っていなかっただろう。アンフェアに見えるかもしれないが、シーズンのある時点で選手が必要になることは分かっていたよ。だが、シーズン開幕時でさえ、競争と成績の適切なバランスと選手に出場機会を与えることが必要になるのだ。下がって、今でもボーンマス行きを選んだ彼の選択は正しかったと思う。」

 

1月までのローンにすることも出来たか?

プレミアリーグでは無理だと思う。プレミアリーグではシーズン・ローンが基本だからね。」

 

ジャカがPKを認めたが…

「彼がいくつかのファールを認めた上で、それらを自制する必要があるという考えには私も同意見だ。だが、常にそうとも限らない…本当にPKかどうか?という問題もある。私としては両方の場面とも彼は不運だったと思っているが、彼はそれに適応しなければならない。特に先晩の試合に関しては本当にソフトなチャレンジだったからね。仮にあれでPKなら、ボーンマスの3点目の場面でなぜベジェリンに対するファールを取らなかったのだろうか? 比べ物にならないと思うのだが。エクトル(・ベジェリン)に対するチャレンジの方がはるかに激しかったのだからね。ジャカは少々アンラッキーだったが修正は必要だろう。」

 

ジャカのボルシアMG時代の評判が影響しているのでは?

「そうは思わない。プレーを見ていれば、彼がダーティな選手でないことが分かるからだ。全体的に見ても、私は彼の守備面での成長に満足している。スペクタクルなタックルを仕掛けることもなく、しっかりと自分の足元に納めているからね。彼はチャレンに勝つためより上手に体を使う様になっているし、ボールを自分の後ろへ出された際にリカバリーする走りも強くなっている。以前よりも遥かに守備への集中が見られるし、たくさんの面で改善が見られる。」

 

なぜカソルラメルテザッカーを引き止めたいのか?

フットボール選手としての能力もあるが、それ以外に精神的な主柱とても必要だ。若手とベテランのバランスは必要なのだ。彼らはその点で重要な存在になる。」

(ソース:Arsenal.com

 

1月の大型補強はなしか?

 サン紙によると、アーセナルは1月の移籍市場で大型補強を行うよりも先に、アレクシスやエジル、ジルー、コクラン、カソルラとの契約問題解決を優先させる様です。アレクシスとエジルの契約はまだ約18ヶ月残っていますが、給与面での増額を含む契約更新を模索しています。ジルー、コクランについても給与の増額を検討している様です。

現在32歳のカソルラについては、30歳以上の選手とは基本的に1年契約しか結ばないというクラブの基本方針に沿って新たな1年契約を結ぶことになりそうです。

アーセナルユベントスのMFピャニッチトリノのFWベロッティなどに興味を示している様ですが、夏の移籍市場まで待つ可能性が高いとか。その一方で左SBの補強には動く可能性があるそうです。ヴォルフスブルクリカルド・ロドリゲスバレンシアのガヤなどの名前が挙がっています。

(ソース:The Sun

 

パリSGが夏にアレクシスを狙う?

ミラー紙によると、来シーズン末でアーセナルとの契約が切れるアレクシス・サンチェスを、夏の移籍市場でパリSGが狙っているそうです。アレクシスの移籍金は6,000万ポンド(約86億円)に設定されていますが、今夏には契約が残り1年となっているため値引き交渉が可能になると見込んでいる様です。

アーセナルはアレクシスに対して週給20万ポンド(約2,874万円)前後を支払う用意があるそうですが、パリSGにはそれを上回る金額を支払う能力があります。ベンゲルもエースの引き止めに必至ですが、アーセナルの資金力では支払える給与に限界があります。

(ソース:Mirror

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永尾まりや 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-228