読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミアリーグ:クリスタル・パレス vs アーセナル戦プレビュー

クリスタル・パレス戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

「水曜日の試合以降、新たな離脱者は出ていない。コクランは家族の問題で外れていたが戻ってきた。彼は再び戦いに復帰する。チェフとオスピナに関しては、月曜日の試合でプレーできるとは考えていない。彼ら二人はまだ離脱中だ。」

「コシエルニーについては、月曜日の試合には間に合わないと考えているので特に言及しなかった。」

「短期間の離脱で済むはずだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲルの記者会見:アレクシスと契約延長に自信あり?

 キャバイェが月曜日の試合を欠場するが…

キャバイェは素晴らしい選手だ。我々はニューカッスルにいた頃の彼に興味を持っていた時期もあった。だが、(彼が欠場するからといって)あれこれ弱体化するとは考えていない。確かにキャバイェは非常に優れたパサーだが、クリスタル・パレスアーセナルに匹敵するほどの優秀な選手を多数擁するビッグ・スカッドを持っている。こういうクラブにとって、プレミアリーグで1人の選手の出場・欠場はそれほど大きな問題ではない。」

 

パレスがチェルシーに勝利したことで考え方が変わったのか?

「確かに大きな衝撃ではあった。なぜなら、彼らはアウェーでプレーしたのだからね。チェルシーにとっても非常にショックだったはずだ。だが、クリスタル・パレスチェルシーを撃破するという出来事は、プレミアリーグ開幕以来、我々が目にしてきたことの延長線上にあると思っている。チーム間の格差が小さくなってきたことで、驚く様な結果が出ている。つまり、いかなる試合であっても何かが起きる可能性があるのだ。だが、基本的にこれらのことで私の考えが変わることはない。つまり、我々が試合に勝つにはベストを尽くす必要があるということだ。」

 

アレクシスはなぜ新たな契約にサインしないのか?

「基本的に彼はクラブに留まりたいと考えているし、彼の代理人とは合意に至っている。  彼の代理人と合意点を模索しているところだ。

 

アレクシスの要求について…

「まず選手は、このクラブにいることで幸せになれるかどうかを確認しなければならない。ほとんどの場合それで契約が合意に至るものだが、財政的な部分ももちろん関係ある。」

 

監督は2年契約をオファーされているのか?

「その件については、これまで十分に話してきた。」

 

オファーはデーブルの上に出揃っているのか?

「私から付け加えることは何もない。」

 

(他から?)オファーを受けているのか?

「これまで何度も繰り返し答えてきているし、これ以上申し上げることは何もない。新聞の見出しとして興味があるのは理解できるが、私にとっての興味はフットボールのピッチで起きていることだけだ。」

 

発表はクラブと監督どちらからされるのか?

「クラブからだ。」

 

つまり契約にサインしたということか?

「私から申し上げることは何もない。」

 

プレ・シーズンのプランを立てているのか?

「もちろんだ。」

 

それはつまりクラブに留まるという事ではないのか?

「それは違う。私は自分の仕事をしているまでだ。クラブの今後の計画だ。」

 

クラブはシーズン終了前に発表するのだろうか?

「私には分からないので、お答えすることが出来ない。私は次の試合に集中するまでだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

僕の誤訳でなければ、アレクシスとは基本合意に至っているっぽいですね→誤訳だったので表現を変えました(赤字部分)。お騒がせしました…

 

さらにボスの去就も結論は出ている様です。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

月刊フットボリスタ 2017年5月号

ソル・メディア (2017-04-12)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<デジタル週プレ写真集> 後藤郁「女優爆誕。」