Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミアリーグ:ストーク・C vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

プレミアリーグ 第37節

ストーク・シティ 1−4 アーセナル

 

《得点》

トーク:66’クラウチ

アーセナル:42’&80’ジルー、55’エジル、76’アレクシス

 

【出場メンバー】

チェフ

コシエルニー

ムスタフィ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ホールディング

ベジェリン

モンレアル

コクラン

ジャカ

ジルー → 83’ウォルコット

アレクシス → 77’ラムジー

エジル → 83’ウェルベック

 

=ベンチ=

オスピナ

ガブリエウ

エルネニー

イウォビ

 

ハイライト動画

 

 

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

 勝利について…

「もちろん結果には満足している。我々のチームは試合を支配し、試合を上手く組み立て、忍耐強く、インテリジェントだった。ストークが我々に対してラフプレーを仕掛けてきた一時的に立ち往生したがね。後半にもいくつかのCKの場面で結束力を示す必要があった。」

 

不当なラフプレーだったと思うか?

「それについてはコメントしない。前半は試合を支配していたと思うが、後半に入ると彼らはよりフィジカル的なプレーを仕掛けてきた。我々はいくつかのリソースを見出すと共に、自分達のプレーを続けたいという欲求を持ち続けるためにも、ナーバスであり続ける必要があったと思う。そして、我々はそれを上手くやり遂げた。」

 

トップ4入りの希望が見えてきたか?

「分からない。我々は現在69Pを獲得している。まずは火曜日の試合で72Pまで伸ばすことに集中しよう。その後で先が見えてくるかもしれない。いまのチームは強力で堅固だと感じている。まずはチームのクォリティに焦点を当て、このまま前進し続けたい。」

 

これから24時間はウェストハムのファンになるか?

「もちろんだ。プレミアリーグのクォリティの一つとして、今日も再び目にした様に、シーズン終了まで全てのチームがベストを尽くすところにある。私はウェストハムとトテナムの対戦でもそれを目にしているし、ストークも今日の試合で我々に対してそれを見せてくれた。我々はチームが全ての力を出し切るプレーをしてくれることを期待しているし、仮にその上で他のチームの方が上回っていたとしたら、彼らの方がより優れていたということだ。」 

 

1年の契約延長で合意したとの報道もあるが…

「その件についての情報は何もない。以上だ。」

 

あなたのチームは批判に答えていると思うか?

「私は自分の愛するクラブのために代償を払う。私がここにいる限りそのことを確約する。私としては批判の影響は全く受けない。私にできることは全力を尽くすことだけだからね。我々はいま69Pを獲得しており、火曜日にはそれを72Pにしたい。そのあとは、私がここにいる限りクラブとクラブの持つ価値を最大限に引き出したいと思っている。」

 

グラウンド上空に飛行機を飛ばすこと(※)はクラブの価値を反映しているのか?

「私はフットボールに集中したい。それ以外の部分は私にとって重要なことではない。私は政治の世界ではなくスポーツの世界にいるのだからね。私はスポーツが大好きだ。私は愛するもののために24時間を捧げている。私は公の仕事に就いていると言えるかもしれない。私に賛同する人もいれば反対する人もいるからね。だが、そのことに関して私は特に何の意見もない。」

※スタジアム上空に広告宣伝用の小型機を飛ばし、ベンゲルの退任を求めるバナーを掲げるサポーターグループが現れたり、逆にベンゲルを擁護するバナーを掲げるグループもいる(参考

(ソース:Arsenal.com

 

ホールディング:クラウチのゴールについて

クラウチのゴールはビデオで見る限り ” 神の手 ” ゴールの様に見えますが、その際に間近にいたホールディングが試合後にコメントしています…

クラウチのキャラクターについて…

「彼がゴールを決めたことでファンは勢いを増した。7度もCKが連続する場面で、僕らは試合に踏み止まるためにキャラクターを示したと思う。あの場面は耐える必要があったし、その後は多くのゴールを決めた。」

 

彼らはハンドだと認識していたか?

「ゴールの場面は見てないんだ。でも、何人かの選手が腕を降って叫んでいた。失点はしたけど結果は得られたからね。問題ないと思う。」

 

3バックについて…

「楽しんでるよ。ボールをより多く奪える様になったし、他の二人と一緒により安全なプレーができる様になった。僕はボールを持って上がるのが好きだから、自分のプレーができている感じだね。ここまでは上手くプレーできているし、今後もこれを続けていきたい。」

(ソース:Arsenal.com

 

  

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ