Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

17-18 EL:ケルン vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

17-18 EL グループH

FCケルン 1−0 アーセナル

 

《得点》

FCケルン:62’ギラシ(PK)

アーセナル

 

【出場メンバー】

オスピナ

チャンバース → 67’ネルソン

メルテザッカー

ホールディング

ドゥビュシー → 84’エンケティア

エルネニー

コクラン

メイトランド=ナイルズ

ウィルシャー

ウェルベック → 46’イウォビ

ジルー

 

=ベンチ=

メイシー

シーフ

ウィロック

アクポム

 

 

ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋

 

結果にフラストレーションを感じているか?

「我々は多くのポゼッションを誇っていた。ただ、基本的には1本のシュートで負けたと思っている。とても素晴らしいPKだったが、正直言ってあの場面はPKではないと思っている。我々はより多くのゴールを決めるために必要なゴール前でのパスに少し精彩を欠いていた。決定的な場面がたくさんあったのだが、常に何かが欠けていてチャンスをものにできなかった。しかしながら、ケルンはスピリット溢れる守備をしていて、コミットメントがあったと言える。総じて観客のサポートも彼らにとって素晴らしいものになった。」

 

すでにグループ突破を決めている状況で試合集中するのはどれほど難しいか?

「素晴らしい姿勢だったと思うが、試合のペースを掴むまで時間が掛かってしまった。後半の方がずっと速いペースだったと思う。今夜のピッチは少しハンディキャップがあり、選手達もそれに影響を受けていた。しかし、私は(試合へ向けての)準備や選手達の集中力を咎めることはできないと思っている。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

なぜウェルベックをハーフで交代させたのか?

「試合前から45分間だけプレーさせるプランだったからだ。彼は怪我から復帰したばかりだし、我々は日曜日、水曜日、そして再び土曜日と3連戦がある。医学的にも彼は長期離脱していたので、これ以上長くプレーさせるのはリスクが高過ぎた。彼に何か問題が起きた訳ではない。もちろん、彼はピッチに止まり続ける準備ができていたし、交代に関してフラストレーションを感じているだろう。だが、彼のプレーにはキレがあったと思う。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長濱ねる1st写真集 ここから