Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ウィルシャー:まだ契約更新のオファーはない

ウィルシャー:まだ契約更新のオファーはない

アーセナルとの契約が今シーズンまでとなっているウィルシャーですが、まだクラブ側から契約更新のオファーは届いていないとコメントしています…

ウィルシャー

「新しい情報はない。2週間前と同じ状況だ。オレはボスがメディアに話した内容を読んだだけだ。」

「今はフィットした状態をキープしてチームに留まることに集中している。その状況を見た上で適切な時期にボスからお呼びがかかって話し合いが出来ると思ってる。」

「オレはハッピーだぜ。前にも同じことを言ってたし、チャンスが来るのを待つと言ってた。そしてそのチャンスが回ってきて上手くものにできたと思ってる。」

(ソース:Sky Sports

 

セビージャのエンゾンジ獲得で合意か?

アーセナルとセビージャがフランス代表MFスティーヴン・エンゾンジ(28)の移籍で合意に達したと報じられています。移籍金は総額3,500万ポンド(約53億円)で、3,270万ポンド(約49億円)+出来高260万ポンド(約4億円)という内容だとか。エンゾンジはブラックバーン、ストークを経て2015年にセビージャへ移籍しました。もし事実ならヴィエラやプティ以来の大型守備的MFの獲得に成功したことになります。

エンゾンジは最近ポジションを失い始めており、先日行われたCLのリバプール戦後にセビージャ退団を明言していました。

エンゾンジ

「セビージャがCLで勝ち上がって欲しいし、成功することを願っている。ただ、僕自身はその冒険の一部にならないけどね。」

「終わりはどんなものでも辛いよ。それは当然だ。でも今のところチームは(自分がいなくても?)機能している。」

 

なお、アーセナルの他にはブラックバーン時代にエンゾンジを指導したアラダイスが指揮を執るエバートンも興味を示しているとか。

(ソース:The Sun

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後藤郁 2018年 カレンダー 壁掛け B2