Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲル:ウィルシャーとの契約延長に楽観的

コシエルニーがアキレス腱を手術

ベンゲル監督 ※訳が微妙です

「彼は手術を受けたので、もちろん彼はその事でひどく落ち込んでいる。6ヶ月間の離脱を意味しているからだ。今年の12月まで彼は離脱することになると思うが、もの凄く順調に回復すれば12月初めの復帰もあり得るかもしれない。彼が代表チームでプレーする最後の年だが、どうなるかは分からない。現時点でW杯の欠場が決まっているからね。」

「ただ、手術を受ける利点は炎症を治療できることだ。(フットボール選手である彼は)常に動き回っており、これは普通の人々がしないことだ。たまに人々は手術の必要がないのに受けることがあって『よし、治った』と思うことがある。基本的には回復していたんだ。彼らはそこまで動いている訳じゃないからね。炎症の原因を治療するという意味ではコシエルニーにとって問題ないだろう。彼は回復する。」

「我々は常にポジティブでいる様に努力している。総じて、この様な状況で苦しんでいる人がいる時は、彼をサポートすることしか出来ないからだ。」

「彼のケースは珍しくて、長いこと腱の問題に悩まされていたが断裂はしていないということだ。腱の炎症が起きているのに断裂していないというケースは非常に珍しいが、彼にはそれが起きている。なぜそうなったのか理由は分からない。」

(ソース:Arsenal.com

 

カソルラの状況について

ベンゲル監督

「彼は最終戦でプレーできる準備は整わないだろう。」

「基本的にカソルラ、コシエルニー、エジル、エルネニーが離脱している。月曜日は休養日だったので、他の選手については今後チェックを行う。」

「1〜2名の選手を残すか? 明日はあり得る。なぜなら、我々は日曜日に再び試合があるし、選手の何名かは木曜日にマドリードでプレーをしたあと日曜日の試合でもプレーしているからだ。彼らについて今日、メディカル・チェックを行う。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲルウィルシャーとの契約延長に楽観的

ベンゲル監督

「私が最近ジャック(・ウィルシャー)と交わした会話は、クラブにとってポジティブなものだった。」

「私はもう交渉には関与していないけれど、もちろんジャックとはまだコンタクトを取っている。彼からアドバイスを求められれば、私はそれに応じるよ。私はいつだって彼の未来はアーセナルにあると確信している。」

「私は常に彼との契約延長を願っていたし、それは実現すると思う。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ