Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

エメリ:パリSG戦へ向けてのプレス・カンファレンス

スミス=ロウ:トライしてみたかった

アトレティコ戦でゴールを決めるなど活躍し、一躍ワンダーキッドとなったスミス=ロウの試合後のインタビューです…

スミス=ロウ

オーバメヤンとワンツーをしたんだけど、相手プレーヤーの一人が戻って来たんだ。でも、しっかりと確保できたよ。そのあと、ちょっとしたスペースを見つけることができたから ” とりあえずトライしてみよう ” って思ったんだ。そしたらシュートする時間もできたから ” チャンスを活かしてみよう ” と思って蹴ったら運よく入ったのさ。滑っちゃったけど、とにかく嬉しい。」

「ファースト・チームでプレーするチャンスを得られるなんて、正直言って夢みたいだよ。凄くハッピーだ。僕は直前にツアーに帯同することを知らされたんだけど、キットマンからスーツケースを渡されて『シンガポール遠征に行く』と聞かされた訳さ。それ以来、顔が緩みっぱなしで、これまでで一番クレイジーな体験をしたよ。あらゆる時間をエンジョイしてる。」

 

パリSG戦で再びプレーするチャンスがあるかもしれません…

「Yes、土曜日は僕の誕生日なんだ。18歳になる。」

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ:パリSG戦へ向けてのプレス・カンファレンス

試合について…

「我々としては試合へ向けての準備を続けるだけだ。違う試合だからと言って自分達の焦点を変えたくない。我々は全ての選手達のスピードをアップさせ、戦術理解に取り組み、プレミアリーグの開幕をより良い状況で迎えることに集中している。」

 

パリSG時代を振り返って…

パリSGにはとても感謝している。素晴らしい経験ができたし、私のキャリアにおいても良い時間を過ごすことができた。明日の試合では、偉大な選手を抱える超ビッグ・クラブとの対戦だ。休暇中の選手もいるため全ての選手がピッチに立つことはないだろうけど、私にとってはそこへ向けた準備が大事なのだ。パリSGで働いていた頃の友人達に会えるのも嬉しい。」

 

トゥヘルについて…

「コーチ達はニヨンで毎年行われるコーチ・ミーティングで顔を合わせる機会がある。明日も顔を合わせたら話す機会もあるだろう。そういう時にフットボールについて深く話すことは一般的には無いね。」

 

この試合をどう思っているか?

「偉大な歴史を大きな存在感を持つビッグ・クラブ同士の戦いだ。私の場合、他とは少し異なる関係性だが、私のやるべき仕事は変わらない。しかし、とてもエキサイティングだよ。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

新しい選手達は馴染んでいるか?

「私は毎日新しい選手のことを考えている訳ではない。全ての選手が重要なのであり、若手選手にも我々と一緒に働きクォリティを示すチャンスを与える。ただ、新しい選手達にも満足している。私にとっては全ての選手が同じであり、最高のパフォーマンスと自信を持ってプレーできる最高のチャンスを見つけ出したい。一人の選手だけではなく、選手全体を見ているのだ。」

 

イウォビについて…

「その情報は得ている。まずは選手達と仕事がしたい。今週からメスト(・エジル)、エルネニー、そしてイウォビが合流して一緒に仕事を始めているが、最初の印象はとても良いよ。私が持っている情報では、彼は契約にサインして我々の元に残る。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

アプローチの方法について…

「私は自分のやり方というのを持っているし、これまでのキャリアと同じ考え方で働きたいと思っている。素晴らしいスピリットとエネルギー、そして最高のクォリティを持った選手達でチームを構築したい。」

 

あなたとスカッドに求められるものについて…

「今シーズン、懸命にプレーすることに全力を傾けることが求められているのを全ての選手が理解している。このクラブの全選手やコーチ陣は、これまでのキャリアにおいてこれらの厳しい条件の下でハードワークを行ってきた。私は選手達を信頼しているし、日々ハードワークを行う選手達にとても満足している。また、月曜日にはW杯から選手達が戻ってくる。私としては、新たな選手獲得の可能性があるかどうかは重要ではないけれど、移籍市場が開いている間はその可能性について話し合う必要はあるだろうね。」

 

これまで見てきた選手達の印象について…

「私達は全ての試合を観ている。選手個人としても全体としてもピッチ上でのコンディションを見ている。今は戦術面や全ての選手達のスピードを上げることに取り組む時期だ。今の私にとって結果は重要ではなくて、それ以外のことが大事なのだ。それはつまり、ピッチ上での動きやポジショニング、個々のクォリティやコンビネーションについてだ。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ