Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

フラムとチャンバースのローン移籍で合意間近【アーセナル移籍ゴシップ】

フラムとチャンバースのローン移籍で合意間近

BBCによると、アーセナルとフラムはチャンバースのローン移籍で基本合意に達したらいしです。あとはチャンバースと細かい条件を詰めるだけだとか。

2014年にサウサンプトンからアーセナルに加入したチャンバースは、先月新たな4年契約にサインしたばかりです。ただ、チャンバースはプレミアリーグでコンスタントにプレーすることを強く望んでいますが、今シーズンもアーセナルではそれが保証されません。ただ、クラブもプレミアリーグでコンスタントにプレーさせて経験を積ませたいと思っていることから、今回のローン移籍になったようです。

(ソース:BBC

 

ラムジーは高額な給与を要求している訳ではない?

アーセナルとの契約が残り1年となったものの、新たな契約へ向けての交渉が難航しているラムジーですが、一部報道でエジルオーバメヤンを上回りクラブ最高額となる週給30万ポンド(約4,300万円)を要求していると報じられています。

この報道に関して、あるファンがその記事を引用してラムジー代理人を務めるアビッド・スポーツ&エンターテイメント・グループのTwitterアカウントに質問をぶつけたところ「そんなことは全然ない!」と返答したそうです。

ラムジーに関しては、リバプールチェルシーが移籍金3,500万ポンド(約50億円)で獲得に動いていると噂されています。

(ソース:Daily Express

 

ウェストハムがルーカス獲得に動く?

SKYスポーツによると、ウェストハムがルーカスの獲得に動いているそうです。ウェストハムは今夏の移籍市場でサイドでプレーできる選手を探していますが、その中で比較的移籍金が安価なルーカスに興味を持ったようです。

ルーカスは2016年8月にデポルティボ・ラ・コルーニャからアーセナルに加入しましたが、リーグ戦では11試合1ゴールに終わっています。昨シーズンは古巣のデポルティボにシーズン・ローンで復帰し、リーグ戦35試合8ゴールという成績を残しています。

監督がベンゲルからエメリに変わったことでルーカスにもチャンスが回ってくると思われましたが、シンガポール遠征では控えの扱いで、スウェーデンで行われたラツィオとの親善試合では遠征メンバーから外れました。

(ソース:Sky Sports

 

ウェルベックは戦力外?

デイリー・エクスプレスの報道によると、ウェルベックはエメリ監督との面談で新シーズンの構想に入っていないことを告げられているらしいです。これは同じく構想外を通告されFAでウェストハムへ移籍したウィルシャーの場合と似ています。ウェルベックアーセナルの契約は残り1年となっていますが、新契約へ向けた話し合いは行われていないそうです。

ウェルベックにはベシクタシュが興味を示しているらしいですが、ウェルベック自身はプレミアリーグでのプレーを希望しているとのこと。

なお、アーセナルベシクタシュクロアチア代表CBドマゴイ・ヴィダに興味を持っていると噂されています。

(ソース:Daily Express

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ