Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

18-19 プレミアリーグ:ニューカッスル戦プレビュー

最新の怪我人情報

■イウォビ

体調不良によりカーディフ戦を欠場したが、今はフル・トレーニングに復帰している。

 

■コラシナツ

左膝の怪我。10月初めのフル・トレーニング復帰を目指している。

 

■メイトランド=ナイルズ

左脚腓骨の小さな骨折。10月上旬にフル・トレーニングへ復帰する予定。

 

■ジェンキンソン

右足首の重度の捻挫。10月〜11月中のトレーニング復帰を目指す。

 

■コシエルニー

右アキレス腱の怪我。屋外でのトレーニングを再開している。11月のフル・トレーニング復帰を目指す。

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ:ニューカッスル戦へ向けてのプレス・カンファレンス ※一部を抜粋

代表戦ウィークについて…

「今日は午後のトレーニングが最後のセッションになる。我々は4名の選手を含めて一緒に仕事をする予定だ。ジャカ、リヒトシュタイナーウェルベックそしてソクラテスは火曜日にプレーしている。私としては彼らが良い状態で復帰し、ニューカッスル戦へ向けての準備を行うことを願っている。」

 

ニューカッスル戦へ向けてチームの改善を模索しているのか…

「そのプロセスにはまず勝利が必要だ。そして、何よりも(中断前)最後の試合に勝っていることが非常に重要だと思う。土曜日にアウェーで行われるニューカッスル戦の目標は、物事を改善し続けると共に自分達のアイディを創造し続け、個人としてもチームとしてもピッチ上でのスピリットを高めることだ。これら一つ一つのプロセスが間違いなく大事になってくる。土曜日の試合は我々にとってもう一つのステップとなるが、引き続きピッチ上で自分達の個性を発揮し、それらの個性を相手に負わせることで勝利を引き寄せたい。」

 

エジルの代表引退は(クラブにとって)どの様なメリットがあるか?

「まず選手は代表戦で定期的にプレーするのが習慣となっており、彼らのアイディンティティを守るという意味でも重要な試合になっている。ただ、一人の選手がそれを終えるとき、彼らは自分達のチームに集中できるので、それはそれで良いのかなと思っている。メスト(・エジル)の理由も私にとって大事なものだ。彼は毎日アーセナルのことに集中しているし、週末3日間はオフでリラックスできたと思う。メストは他の選手達と同様に、ここでとても素晴らしい仕事をすると同時に絆を築き上げ、共に物事を改善していっている。メストは私から見てもアーセナルのことに集中できていると思う。」

 

エジルとの関係について…

「私たちはとても上手くいっているよ。ここでは、人々があれこれ私達の関係性について噂し合っている事について、多くの時間を割いて話している訳ではない。私とメストは非常に良い関係を築けているし、プロとして彼のクォリティやパフォーマンスを最大限引き出すために、彼の改善を後押ししている。あと今週、マン・C戦でのことについて書かれた記事を読んだが、グラウンドマンに対して私が『ピッチに水を投げるな』と言ったと書かれていたが、それは事実ではない! これは私とメストとの間に良好な関係があることを示す瞬間であり、グラウンドマンに対してピッチを水で濡らすな等とは言っていない。それは事実じゃない。我々はポジティブな考えを持って自分達の仕事とプロセスを進めている。」

 

カジディスがACミラン接触しているとの報道について…

「まず、彼とは我々のことについてやここでの仕事について毎日話をしている。その中で彼から他のニュースを聞いたことはない。」

 

モンレアルに新たな契約をオファーしたという報道について…

「私はスペイン時代、オサスナとマラガでプレーしていた時からモンレアルを知っている。それから6年が経ち、私はここへやって来て新たなモンレアルを知ることができた。2週間、2ヶ月と経過し現在に至る。私は彼にとても満足していると言って良い。なぜなら、彼は32歳だがフィジカル面や試合でのパフォーマンスなど、非常に良いレベルでプレーしていると思うからだ。それ以外の部分も私にとっては重要だよ。私としては彼をアーセナルのチームに残すためにも、新たな契約を結ぶ必要があると思っている。」

 

オーバメヤンとラカゼットは一緒にプレーするのか?それともどちらかはベンチなのか?

「それは同じことだ。様々な選手とのピッチ上でのコンビネーションを知るためのプロセスだ。私は高いレベルでスタートを切りたいし、それは必要なことだ。11名の選手が優れたパフォーマンスを発揮することがね。また、我々には選手のバランスも必要になる。チームが勝利を見い出すためにはチームを助ける仕事をピッチでする必要があるときにパフォーマンスを維持しなければならない。プレミアリーグでの最後の2勝はパフォーマンスの内容も含めてとても満足している。私としては、1分でも30分やハーフでも、または90分間でもチームに貢献できる様に選手をプッシュしていきたい。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ