Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

18-19 プレミアリーグ:ウルブス vs アーセナル戦プレビュー

最新のチームニュース

■ジャカ

臀部の怪我。ウルブス戦の前に状態を評価する。

 

ラムジー

左足ハムストリングの怪我。治療を継続しつつ、さらなる状態の評価を行う。ウルブス戦は欠場する見込み。

 

スアレス

鼠径部の怪我。 治療を継続しつつ、さらなる状態の評価を行う。ウルブス戦は欠場する見込み。

 

■ベジェリン

左膝の怪我。ジムでのリハビリを継続しつつ術後の強化を行う。 

 

■ホールディング

左膝の怪我。ジムでのリハビリとコンディション調整の最終段階を経て、順調に回復中。

 

ウェルベック

右足首の怪我。屋外でのリハビリ、コンディション調整、ボールワークを開始。

(ソース:Arsenal.com) 

 

エメリ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋

パレス戦後にスピリットを植え付けることについて…

「こんばんは。もちろん、我々はスピリットを持っている。シーズン開幕以降、冬を経て、我々は順位争いで奮闘している。以前は今より順位が低かった。日曜日の試合で負けた理由がいくつかあることは分かっているし、相手はそこを突いてゴールを奪った。しかし、我々が自分達の進む道を変えることはない。我々はいまシーズンの終盤を迎えているが、当初の目標を達成できる可能性は多いにあると思っている。私達は自分達の今シーズンに誇りを持っているし、今が最も重要な時期であることも分かっている。」

「明日の試合もシーズンの重要な瞬間となる大一番でありビッグ・チャレンジだ。なぜなら、我々はサポーターの大声援に力強さを感じているチームと対戦するからだ。しかしながら、インテリジェンスを持って、やるべき事をしっかりやろうとするのには良い場面かもしれない。我々はやるべき事をクリアにしておく必要がある。ハートでプレーする必要はあるけれど、そのハートの内容をクリアにしなければならない。」 

 

明日の試合から復帰できる選手はいるのか?

「状況を見守っているところだ。選手やシステム、怪我人、そしてスタメンに関する我々のアイディアをお話しすることはできない。」 

 

ジャカについて…

「明日の試合に関する我々の情報はすべてキープしておきたい。申し訳ないとは思うが、それが我々にとってベターなことだと思っている。」

 

普段は隠したりしていないが…

「そうだね。もしかしたら今日だけかもしれない。その時々によって変わるのだ。選手達の状態について明確にしたくないという思いがあるからかもしれない。その方が良いと思ったからだ。」 

 

話せることはあるか?

ラムジースアレスは欠場する。」

 

今夏にどの選手を残すか決めたのか?

「私は自身のキャリアやこれまでの歴史を通して、次の試合でベスト・パフォーマンスを出すことを考え、そのことに集中してきた。私の中に未来は存在しないのだ。私は今を生きている。まずは全ての試合で自分達のパフォーマンスを発揮することが何よりも重要で、その次は私自身が手腕を発揮することだ。その上で、選手達はサポーターの皆さんと共に、試合でパフォーマンスを発揮する。だが、私は未来のことは考えていない。あなたは現在のことから未来を想像し、それを元に各試合についてあれこれ考る必要があるのだろう。ビッグ・スピリットを持てば個人としても集団としても、やるべき事を実行できる。私は選手を信頼しているし、自分達の進んでいる道を信じている。そして、我々には今この瞬間も可能性を秘めていると思っている。だが、何度も言うように、それは私にとって未来のことではないのだ。」 

 

トップ4でフィニッシュすることに自信があるか?

「Yes. 他のチームの結果にもよるけどね。だが、まず勝利できるかどうかは自分達次第だ。我々はインテリジェントでありたい。日曜日の試合では敗れたが、今となっては日曜日の1Pがとても重要だったと言える。次の試合でもそうなるかもしれない。もちろん、我々は勝つための準備を行なっているけれど、勝つこともあれば引き分けたり負けたりすることもある。勝つかどうかは自分達次第というのが最初のシチュエーションではあるけれど、その後我々は難しい試合を実際にプレーするのだ。チェルシー vs バーンリーはホームでの試合だったが厳しいものになった。チェルシーも勝つつもりだったと思うが、彼らは強敵バーンリーとの対戦で、とてもタフな試合となり結果は引き分けだった。我々は38試合を通してインテリジェントであり一貫性を保ちたい。場合によっては引き分けるのも方法の一つだ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ