読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL決勝T1回戦2ndレグ:バイエルン vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

- CL 決勝トーナメント1回戦2ndレグ - バイエルン・ミュンヘン 0−2 アーセナル (2試合合計 3−3 アウェーゴールバイエルンが勝ち抜け) 《得点》 バイエルンアーセナル:3’ジルー、86’コシエルニー 【出場メンバー】 ファビアンスキー ジェンキンソン メルテザッカー コシエルニー ギブス アルテタ ロシツキー ラムジー → 72’オックスレイド=チェンバレン ウォルコット → 72’ジェルビーニョ カソルラ ジルー =ベンチ= マンノーネ フェルマーレン ディアビ コクラン アルシャビン ベンゲル監督、試合後のインタビュー 「本当にあと一歩だった。 何度かラッキー(に助けられた?)な場面があったけれど、我々にもジェルビーニョにチャンスがあった。 それに、もっと良い形にできたと思うセット・プレーもたぶん1〜2回あった。 だが、我々は素晴らしいスピリットとパフォーマンスを発揮した。 全体的に最高の内容だったと思う。」 「1戦目の結果が残念でならない。 ラスト15分で最悪な失点をしてしまった。 ホームで1−2という結果だったらと思うと、あの1点が今夜どれほど重要な意味を持つかが分かるだろう。」 「私は選手たちのことを理解しているし、これまでも彼らには素晴らしいスピリットと戦う姿勢があると繰り返し述べてきた。 我々にはクォリティがあるんだよ。」 「残念ながら我々はCL敗退となってしまったけれど、もちろんパフォーマンスとスピリットはポジティブなままだ。」 「来シーズンもこの場に戻ってくるために必ず全力を尽くす。 我々はこのチームのベースを維持する。 今夜プレーした若手選手たちはとても良かった。」 「良い形でシーズンを終えたいが、試合直後に来シーズンの出場権について話すのは難しいよ。」 (ソース:Sky Sports) ■アルテタとジェンキンソンの試合後のコメントです... アルテタ 「僕らは全力で試合を戦った。 ホームで3失点していたから厳しい試合になることは分かっていたけど、僕たちは勝利を信じて前に出続けた。」 「今夜の試合はメンタル的にも非常に厳しい試合だった。 僕らが先制点を奪うとバイエルンは確信が大きく揺らいだようだったから、そのアドバンテージを利用することにしたんだ。 終盤に2点目を奪うことができた。 あと10分くらいあったらもっとチャンスを作れたはずだよ。」 「ここで勝てるチームはそう多くない。 バイエルンは今シーズンの自分たちがヨーロッパでトップクラスの力を持っていることを示してきたからね。 だから選手たちは自信を持っていいし、監督も良い仕事をしたと思う。 監督は最初から僕らなら勝てると信じていたからね。 僕らもベストを尽くしたよ。」 ジェンキンソン 「早い時間帯でゴールを奪うことができたし、それは必要なことだったんだ。 それに固い守備維持し続けることが重要なのも分かっていたし、それを実行することができた。 僕らは2点目を奪えると確信していた。 選手たちのことを誇りに思う。 全員がすべてを出し切っていたよ。」 「本当にあと一歩だった。 2−0で勝ったし、あとちょっとで勝ち上がれるところだった。 選手たちのことを本当に誇りに思うよ。」 (ソース:Sky Sports) =追記 10:59= ■中日スポーツによると、7月22日に豊田スタジアム名古屋グランパス vs アーセナルの親善試合が行なわれるらしいです。 アーセナルは26日にも浦和レッズと親善試合を行なう予定があるらしいので、ベンゲルは名古屋でミニキャンプを実施するつもりだとか。 ついにベンゲル vs ピクシーの対決が実現することになりそうです。 (ソース:中日スポーツ) レフェリーが安定のバイエルン寄りのなか、よく頑張ったと思います。 本当に惜しかった... にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ FIFA 13 by EA SPORTS icon icon icon